排熱利用で「コージェネレーション」タウンが誕生

排熱とは、捨てられる熱のことです。

今、その眠れる資源が企業の間で注目を浴びています。

納得の排熱利用の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

電力不足に備えるために導入された自家発電機の裏側には、建物の空調を担うボイラーが設置されています。電気を作る際に出る排熱利用して建物の空調に活用しようというのです。



このシステムのことを「コージェネレーション」と呼びます。コージェネレーションシステムとは、熱源から電力と熱を生産して供給するシステムです。エンジンや燃料電池で発電を行ってその際に発生する排熱を活用する方法と蒸気ボイラーと蒸気タービンで発電を行って蒸気で発生する排熱利用する方法があります。
企業が考えている排熱利用は、発生電力は商用系統に連系して売電を行うことに利用します。
廃熱から発生する蒸気や温水は、製造業のプロセスにおいて利用するか空調用の吸収式の冷凍機として活用しようとしています。あるいは工場で使う給湯の熱源としても使えます。



自治体の廃棄物処理の工場には、発生する熱で温水プールが併設されていることが多いです。
これも排熱の利用の仕方になります。現代ではこの技術も進歩を遂げています。最近のデータでは、原動機の高効率化が進んだことによって、40%以上の発電効率までに電気を発生させることが可能になりました。そのため、排熱利用できる熱の発生も多くなります。
熱交換機を使って、暖房に利用したり給湯を賄うこともできるようになってきました。冷凍機を使うことで冷房施設としても使えます。


このシステムで地域全体の電気や温熱、冷房、給湯を賄うことが現実に可能になり「コージェネレーション」導入タウンが誕生しようとしています。