ネイルサロンのデメリットとセルフネイルのメリット

個人宅では用意できないような設備や機器、薬品が存在することで、完璧な下処理が可能なため長持ちしやすいネイルを楽しむことができるのがネイルサロンです。専門的な機器や薬品、設備とともに困難な資格を取得することで知識と技術の両方を有しているネイリストが施術するため芸術的な作品が仕上がります。しかし、ネイルサロンで施術するデメリットも存在します。まずは、費用です。

人気の高いラメを使用したグラデーションは、比較的安価であるものの最安値で5000円からという場合が多いです。サロンによっては、人気が高い場合など必ず予約を行わなければ施術してもらうことができません。しかも、施術する部位はネイルのみではあるもののヘアスタイルやファッションなど全身をトータルでみた上でバランスの良いデザインを施術する場合も多いことから、しっかりと着飾る必要もあります。一方、自分でネイルを施すセルフネイルのメリットはコストパフォーマンスが高いという点が挙げられます。

ジェルを使用したネイルの場合は、LEDまたはUVマシン、ジェルカラーや刷毛、ファイルなど一通りの道具を揃える必要があるものの、一度揃えたら自分の好きなタイミングでネイルを施すことが可能です。予約をする必要もありませんし、順番を待つ必要性もありません。少し剥がれてしまったなどサロンに行くほどでもない場合でも、自分ですぐに修復できるのは大きなメリットと言えるでしょう。大阪のメイク専門学校のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です